医療関係者の方へ

昭和大学病院ブレストセンターでは、チーム医療の実践のみならず、全人的医療を担う医療人を育成するプログラムを提供します。特に、各種画像の読影 端末や病理画像との対比のもとでカンファレンスを行う場も有し、将来乳腺専門医や、乳癌看護認定看護師や癌領域専門薬剤師等を目指す医療人が一堂に介し て、研修に取り組めるよう、工夫を施しているのが特徴です。

また、今後、学内学生や研修医の修練ばかりでなく、地域の医師や学外の教育機関の方にも研修の場を提供することも目標としています。さらに、地域の 検診センター、乳がん専門クリニックと密接に連携し、円滑な情報交換のもとで、新患・再診を問わず、予約診療を原則とし、癌診療連携拠点病院として、地域 医療連携を推進していきます。

紹介医療機関の先生方へ

初診は、毎日交代にて当番医が対応いたします。
特定医師への御紹介の場合は、同日もしくは次回外来にて改めてお回しする形をとっております。癌の診断がつ いている場合はより迅速に対応するため、予約枠を別に設けておりますのでその旨お知らせください。

なお、なるべくお待たせしないで診療を行うべく、地域の 検診センター、乳がん専門クリニックと連携し、円滑な情報交換のもとで、予約診療を行っております。

専修医および大学院生の方へ

乳腺外科では一緒に働く仲間を募集しています。
初期研修終了後に乳腺外科を専門として考えている医師には、入局後3年目で外科専門医、4年目で乳癌 学会認定医を取得できるようなプログラムを用意しています。

乳腺を専門にしている(これから専門にする)3年目以降の医師も広く募集しています。

専修医・大学院生の採用情報はこちらから