採用情報

全人的な医療が実践できることのみならず、
日本発のエビデンスが発信できるような医師の育成を目指して

中村 清吾
乳腺外科教授/ブレストセンター長

乳癌の診断と治療は、この10−20年間に急速に進歩し、外科手術のみならず、薬物療法(化学療法、ホルモン療法、分子標的療法等)、放射線治療を上手に組み合わせる事で、生存率は飛躍的に向上しています。

手術の縮小化(乳房温存療法やセンチネルリンパ節生検)が進む一方で、整容性を考慮した形成外科的な手技も求められています。転移性乳癌では、薬物 療法と並行して、転移部位(骨、肝、肺、脳など)に応じた全身管理が必要とされ、緩和ケアチームとの連携のもとで、ペインコントロールや心のケアについて も修練します。

また、当教室では、遺伝性乳癌の診断と治療(乳癌全体の5−10%)にも力を注ぎ、遺伝カウンセラーや産婦人科医等との協力のもとで、最先端の診療 システムの構築に努めています。特に、乳癌は、腫瘍領域で分子生物学的な研究が最も進んだ分野でもあり、トランスレーショナルリサーチや、その国内外での 発表、海外留学も積極的に支援します。

全人的な医療が実践できることのみならず、日本発のエビデンスが発信できるような医師を育てたいとの思いで、ブレストセンターを設立しました。乳癌の撲滅を、共に目指す同志を募集します。

専修医の募集はこちらから
大学院生の募集はこちらから