大学院生の募集について

入学から学位取得までの流れ

講義・実習の内容

昭和大学病院ブレストセンターにおいて、

【1】外来診療を通じて、各種画像診断(マンモグラフィ、超音波、MRI,CT、骨シンチ等)、治療法(手術、薬 物療法、放射線治療等)決定のプロセスを学ぶ。

【2】手術においては、根治性のみならず整容性も加味した Oncoplastic surgery についても修練する。

【3】再発乳癌の治療においては、抗がん剤治療のみならず緩和ケアについても学ぶ機会を設ける。

【4】遺伝性乳癌の診療において は、遺伝カウンセラーとともに、遺伝カウンセリングの手法について習得する。

【5】国際共同治験を含む国内外の多施設共同臨床試験や治験に積極的に参加するとともに、基礎研究グループとも積極的に交流して Translational research の手法を学ぶ。

講義・実習の内容

当院ブレストセンター内にて、説明会を行います。終了後に懇親会を兼ねてお食事会を催す予定です。
詳細は下記まで問い合わせ、お申し込みください。

Email : 医局長 桑山 kuwayama@med.showa-u.ac.jp
電話 : 乳腺外科医局 03-3784-8727