診察内容について

昭和大学病院ブレストセンターでは「患者中心の医療」の理念に基づく治療を提供するために、チーム医療を実践しています。各職種が専門性を発揮し責任を持ち共同して医療を提供することにより、患者の価値観に照らし合わせ、患者の満足度をより高める医療の実践を目指します。

主な対象疾患

早期及び進行再発乳癌
  特に、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群に関する遺伝カウンセリングを含む専門外来
乳腺症 / 乳腺線維腺腫 / 乳腺炎 / 女性化乳房等の乳腺良性疾患

主な診察内容

◆ 早期及び進行再発乳がんの精査・加療

◆ 遺伝性乳癌に関する遺伝カウンセリング

◆ セカンドオピニオン

◆ 乳腺良性疾患

◆ 乳癌に関する予防・検診医学の研究と実践

当センターの診療領域と特徴

◆ 診療実績

昭和大学病院ブレストセンターにおける手術件数と診療内訳のデータを公開しております。また、当院での乳がん手術の変遷についてもご覧いただけます。

「診療実績」詳細についてはこちらから >>

◆ チーム医療と医療連携

昭和大学病院ブレストセンターは、総合医科大学としてのメリットを最大限に活用し、関連各科と密接に連携した患者中心の医療を提供します。

「チーム医療と医療連携」詳細についてはこちらから >>

◆ 遺伝カウンセリング

近年の遺伝医学の進歩は目覚ましく、多くの遺伝性疾患でその原因が明らかにされ、遺伝子レベルの正確な診断ができるようになってきました。家族性、遺伝性の乳がんについても遺伝に関する情報を正しく得ることで、予防や適切な対策が可能になります。昭和大学病院ブレストセンターでは遺伝カウンセラーによるカウンセリングと遺伝子検査を受診することができます。

「遺伝カウンセリング」詳細についてはこちらから >>

◆ 乳房温存療法

乳房を部分的に切除する乳房温存手術んついて説明します。また、有害事象の減少を目的に開発された新しい放射線治療である、SAVIによる加速乳房部分照射法についてもご紹介します。

「乳房温存療法」詳細についてはこちらから >>

◆ 乳房再建

乳房再建とは、乳がん手術によって失われた乳房の形をもとの形に近づける手術です。女性にとって乳房とは単なる臓器ではありません。女性としてあるべき形を司る大切なものです。「自分らしさ」を取り戻すために、乳腺外科とわれわれ形成外科がチームとしてご提案できる医療があります。

「乳房再建」詳細についてはこちらから >>

◆ セカンドオピニオン

昭和大学病院ブレストセンターでは、現在治療を担当している医療機関以外の複数の専門家の意見を聞くことで、患者さん自身がより適した治療法を選択していくべきであるという考えからセカンドオピニオン外来を実施しています。

「セカンドオピニオン」詳細についてはこちらから >>

◆ リボンズハウス

昭和大学病院ブレストセンターでは、NPO法人キャンサーリボンズと提携し、がん患者さん自身が病気や治療に関する具体的な情報を得て、少しでも自分らしくより快適な生活を送れるようにサポート施設「リボンズハウス」併設しています

「リボンズハウス」詳細についてはこちらから >>

pic