チーム医療と医療連携

昭和大学ブレストセンター構想

昭和大学病院ブレストセンターは、総合医科大学としてのメリットを最大限に活用し、関連各科と密接に連携した患者中心の医療を提供します。また、我が国における乳がん死ゼロを目指して、予防・検診医学の研究と実践にも努めます。

検診で乳がんが疑われた場合の鑑別診断、手術を中心とする初期治療、再発乳がんの治療を、腫瘍センター、緩和ケアセンターなどとの連携により「患者中心の医療」の理念に基づいて提供しています。

チーム医療の担い手である乳腺専門医のほか、専門知識と高度な技術を持った専門看護師や薬剤師、臨床検査技師、カウンセラー等の育成も推進し、さらに国際的な人事交流や共同研究を積極的に行うことでアジアにおける乳がん診療拠点となることを目標としています。

連携医療施設との「医療連携システム」

乳がんに関する最新の診断および治療技術を効率よく提供できるようにするために、関連医療施設とのITによる医療連携システムの構築に向けた取り組みも進めています。

チーム医療で治療に取り組む、患者中心の医療体制

「患者中心の医療」の理念に基づく治療を提供するために、昭和大学ブレストセンターではチーム医療を実践しています。

我々が目指す乳癌のチーム医療は、患者さん自身もチームの一員と考えます。患者さんの治療方針は科学的根拠(エビデンス)に基づき判断します。

各職種が専門性を発揮し責任を持ち協働して医療を提供することにより、患者さんの価値観に照らし合わせ、患者さんの満足度をより高める医療の実践を目指します。

二次精査ができるクリニック

二次精査とは、公的な検診(たとえばマンモグラフィ検診)で、異常が発見されたときに、さらにそれが良性か悪性かを精査する医療機関のことです。

大学病院やがんセンターは、癌と診断のついた患者さんの治療が中心となるので、昨今、その手前の鑑別診断をする専門クリニックとの連携が重要となっています。これらの医療機関では、手術や化学療法を終えた患者さんの5~10年にわたるホルモン療法や経過観察を行う役割も担うようになってきました。

そこで、万一再発が疑われた場合には、逆に大学病院やがんセンターに紹介するというかたちで、がん診療における医療連携が構築されつつあります。ちなみに、1000人のマンモグラフィ検診を行うと、その中から約50人の異常がみつかり、さらに、超音波検査や針生検をおこなうことで、最終的に、3人にがんが見つかるというのが、実情です。

したがって、昭和大学ブレストセンターでは医療連携を充実することで、大病院における3時間待ちの3分診療が減り、より質の高い医療が実践できると期待しています。

二次精査のできる近隣クリニック一覧
診療所名 住所 電話番号
あじさい診療所 東京都品川区東中延1-1-7 03-5750-6070
かしわせクリニック 東京都品川区中延5-7-5 石田ビル2階 03-5751-8556
Kクリニック山王 東京都大田区山王2-19-2 03-5718-0808
濱岡ブレストクリニック 東京都世田谷区桜新町2丁目9-6 03-5426-2848
二子玉川ブレストクリニック 東京都世田谷区玉川3丁目15-1 曽根ビル6階 03-3709-7717
上野毛あだちクリニック 東京都世田谷区上野毛2-7-16 玉屋ビル3F 03-6303-1114
大脇病院 東京都世田谷区奥沢 3丁目33-13 03-3720-2151
村林クリニック 東京都目黒区目黒3-1-7
日生目黒マンション202号
03-3715-0138
自由が丘みきブレストクリニック 〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-7-16
アンジェー自由が丘2階
03-3724-8800
田園調布ファミリークリニック 東京都大田区田園調布2-62-5
東急スクエアガーデンサイト南館2階
03-3721-1234
山下医院 東京都大田区西蒲田5-12-10 03-3734-6661
内藤病院 東京都渋谷区初台1-35-10 03-3370-2351
周晴会 鈴木病院 千葉県君津市238番地 0439-32-2013