遺伝カウンセリング

遺伝性乳がんに対する取り組み

当ブレストセンターでは遺伝性乳がんにも積極的に取り組んでいます。

遺伝子に乳がんの発症に関わる変化があることをネガティブに捉える必要は決してありません。

遺伝子の情報を得ることにより、個人の体質に合った具体的な対策を考えることができるようになってきています。

遺伝性乳がんが疑われる方は遺伝カウンセリングの受診をお勧めし、カウンセリングの結果、ご本人の意思によって検査を受けるかどうかを決めていきます。

遺伝子検査を受けないことを選択される方もいらっしゃいます。自分らしい選択や行動ができるよう遺伝カウンセリングを通しお手伝いしたいと考えています。

乳がんの遺伝

私たちは、誰でもみんな遺伝子に変化があり、その変化はひとりひとりの個性につながっています。変化のなかには、時に、病気のかかりやすさや薬の効きやすさに関わるものもあります。

全ての乳がんの5~10%は、乳がんのかかりやすさに強く関わる特定の遺伝子の変化がある遺伝性の乳がんと考えられています。

遺伝性の乳がんの原因となる最も代表的な遺伝子として、BRCA1・BRCA2という2つの遺伝子が知られています(まだ解明されていない未知の原因も存在すると考えられ、これらを明らかにする研究も進行中です)。BRCA1・BRCA2は誰もが持っている遺伝子です。

遺伝性乳がんの割合

遺伝性乳がんの割合

遺伝性乳がん卵巣がん症候群

BRCA1・BRCA2という遺伝子に、乳がんの発症に関わる変化(病的変異)がある場合には、一般よりも、乳がんや他の特定のがんにかかる可能性が高いことがわかっています。

この体質を「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」といいます。

BRCA1・BRCA2の遺伝子検査を行うことで、ご本人が 「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」であるかどうかを確認することができます。

検査の結果、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」と診断された場合には、その体質に合った対策を考えていくことができます。

また、ご本人だけでなく、ご家族(血縁者)が同じ体質をもつかどうかを調べ、対策を考えることもできます。

乳がん・卵巣がんにかかる可能性【遺伝性乳がん卵巣がん症候群の場合】

遺伝性乳がん・卵巣がん

乳がん発症の発がんリスクは遺伝子変異がない方と比較すると最大10倍と考えられています。
※前立腺がん、すい臓がん発症の可能性の増加を示す報告もあります。

遺伝性乳がん卵巣がん症候群 かんたんチェック

私の乳がんは遺伝性?

以下の質問にひとつでも該当する項目があれば、あなたが「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」である可能性は一般よりも高いと考えられます。

あなた自身を含めたご家族の中に該当する方がいらっしゃる場合に、チェックを入れてください。

遺伝性乳がん卵巣がん症候群 チェックリスト
  • □ 40歳未満で、乳がんを発症した方がいますか?
  • □ 年齢を問わず、卵巣がん(卵管がん、腹膜がん含む)の方がいらっしゃいますか?
  • □ ご家族の中で、おひとりの方が時期を問わず、原発乳がんを2個以上発症したことがありますか?
  • □ 男性の方で、乳がんを発症された方がいらっしゃいますか?
  • □ ご家族の中で、ご本人を含め、乳がんを発症された方が3名以上いらっしゃいますか?
  • □ トリプルネガティブの乳がんといわれた方が、いらっしゃいますか?
  • □ ご家族の中に、BRCAの遺伝子変異が、確認された方がいらっしゃいますか?

(日本HBOCコンソーシアムHPより)

当センターでは
可能性が一般よりも高い方に「遺伝カウンセリング」の受診をお勧めしています。
「遺伝カウンセリング」は、乳がんの経験がある方も、ない方も、どなたでも、受診していただくことができます。

当院での遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングでは、どんなことをするの?

まず、遺伝カウンセリングでは、以下の3つの大切なポイントを伺いながら、家系図を作成し、ひとりひとりの遺伝性乳がんの可能性について検討します。

カウンセリングの大切なポイント

(遺伝カウンセリング受診前に、「遺伝カウンセリング問診票」を参考に、ご家族の健康状態について情報を集めていただくと、より個人にあったお話をすることができます。)

そして十分な遺伝医学的情報提供とともに遺伝子検査について話し合い、結果をご本人、ご家族にどのように活用できるのか、遺伝子検査を受けた場合、受けない場合のメリットとデメリットは何なのかについてよく確認し、ご本人の意思によって検査を受けるかどうかを決めていきます。

同じ乳がんの患者さんでも、年齢や立場、考え方や価値観は異なり、遺伝カウンセリングに来られるタイミングも診断直後、術前や術後、化学療法中など様々であり、遺伝子検査に対する考え方もそれぞれです。

また、時間が経つにつれ、遺伝子検査に対する考えが変わることもあります。

遺伝カウンセリングは約1時間の時間を設けていますので、その人が抱える心配事や疑問についても一緒に検討していきます。

当センターでは
自分らしい選択や行動ができるよう、
遺伝カウンセリングを通し、
お手伝いさせていただきます。
「遺伝カウンセリング問診表」印刷はこちらから

遺伝性乳がん卵巣がん症候群の方へ

遺伝性乳がん卵巣がん症候群の方には、以下のような対策を検討していきます。

対策

※選択肢として相談することができますが、実施可能な病院は限られています。

また乳がん治療中の方は、術式の選択(乳房部分切除または乳房切除術(+再建術))など、主治医と治療方針を検討する際に遺伝子の情報を参考にする場合もあります。

乳がんと遺伝に関するリンク集

遺伝カウンセリング受診のお問合せ

「遺伝カウンセリング」は、乳がんの経験がある方も、ない方も、どなたでも受診していただくことができます。

◆診療予約

昭和大学を受診したことがある方 昭和大学予約センター 03-3784-8522 昭和大学を受診したことがない方 昭和大学医療連携室 03-3784-8400

◆診療時間

月・火・水・木曜日:午後 13:00~16:30
金曜日:10:00~16:30

◆料金

初診料 : 8,000円(税別)
再診料 : 3,000円(税別)

【遺伝子検査の費用は別途必要です】

※遺伝カウンセリングは自費診療となります。
※上記診療費以外に初診料金がかかります。
※同日に保険診療を受けることはできません。

当院で遺伝カウンセリングを受診される方へ・臨床研究に対するご協力のお願い

昭和大学病院では、遺伝性乳がん卵巣がんの診断のために、特定非営利活動法人日本 HBOC コンソーシアムが実施する BRCA 遺伝子検査を受けた方を対象として、データの収集を行う登録事業に参加協力することといたしました。

本登録事業は臨床研究として各医療機関の倫理審査委員会で承認を受けた上で実施されるものであり、日本 HBOC コンソーシアムの倫理委員会及び昭和大学病院の IRB(施設内倫理委員会)の審査で承認を受けています。

研究課題名:「BRCA 遺伝子検査に関するデータベースの作成」

※研究詳細につきましては、特定非営利活動法人日本 HBOC コンソーシアム全国登録事業を御参照ください。

個人を特定できる個人情報はすべて削除した上でデータセンターに登録するシステムになっており、個人情報が外部の施設に同意なしに持ち出されることはありません。

当院をすでに受診していない場合には、担当者から直接、本研究の詳しい説明を実施するのが難しいのですが、本登録事業についてご不明・ご心配な点がある場合、登録事業への参加を拒否したい場合などは、下記連絡先までお問い合わせください。

上記研究に関するお問い合わせ先

遺伝カウンセリングスタッフ

四元 淳子
四元 淳子

遺伝カウンセラー

犬塚 真由子
犬塚 真由子

遺伝カウンセラー